銜反抗

銜反抗

銜反抗

に対する反抗で、主に銜反抗は下記の二種類に分けられる。

ただし、馬の理解によるoverbend<過剰屈撓>によってややビハインド気味の位置にあるように見えるものや、前下方へ進展させた状態(低伸)で鼻面が垂直になっていないからといって、即過誤となるものではなく、コンタクトや馬体の使い方、前進気勢などの要素も加味してどのような状態であるか判断すべきである。

写真は、正しい姿勢。

ビハインド・ザ・ビット巻き込み

鼻面が垂直より手前/馬体側に引き込まれた状態にあること。

その方向にから逃れること。

アバウブ・ザ・ビット=突き出し

鼻面が垂直より前方(前進方向)に突き出している状態にあること。

に抵抗して、鼻先を前に突き出すこと。


* equestrianグループキーワード:銜反抗