腰内

腰内

第四一二条:横運動

内方屈撓を取らせ内方前肢外方後肢が同一直線状を通るようにする二蹄跡運動で、後肢のみクロスする。

正確には、四蹄跡運動となる。

屈曲肩内より強く取るため、より難度が高いとされる。

基準となる角度は35度。

* equestrianグループキーワード:腰内