肩内

肩内

第四一二条:横運動

肩を内へ

内方屈撓を取らせて外方前肢と内方後肢が同一直線状を踏むように動く。

前肢のみがクロスする二蹄跡運動で、基準となる角度は30度とされる。

正確には三蹄跡を踏むともいわれる。


運動的には同様だが、内方外方を反転させて頭を埒に向けて行う肩内肩を外への運動という。

前方への逃げ道を物理的にふさいでしまうことで馬にしてほしいことを明確に伝える肩内の導入運動として用いられることがある。


また、より角度の浅い運動として肩を前へ(ショルダーフォア)の運動もある。

肩を前への場合、内方姿勢の目安は直径15mの輪乗り/巻乗りと同程度だが肩内の場合は内方姿勢の目安は直径6mの巻乗りと同程度になる。

* equestrianグループキーワード:肩内