特殊蹄鉄一覧

特殊蹄鉄一覧

特殊蹄鉄治療鉄種類一覧

3/4ていてつ

3/4蹄鉄

蹄鉄の一方の鉄枝の半分を切り取ったもの。半月状蹄鉄と同様の目的で使われるが、こちらは蹄の左右一側のみの治療に用いられる。

こうはんれんび

後半連尾

蹄鉄の前方を除いた連尾蹄鉄であり、蹄踵狭窄などの変蹄などに用いられる。

こうびていてつ

厚尾蹄鉄

・日本にある治療鉄の一種。ヒールリフトと同じ効果を得られる。通常1~2ヶ月の短期集中で使う。

てっきょうていてつ

鉄橋蹄鉄

・両鉄枝間に鋼片を橋のように渡して鍛着したもの。蹄葉炎の蹄底下垂や蕪蹄の治療に用いられる。

ねんてんぼうしていてつ

捻転防止蹄鉄

・着地、去地の間においてを捻転する馬は特に後肢に発し、蹄踵を外方に、回転するので、外鉄尾を外方に曲げたものを装着する。

はくびていてつ

薄尾蹄鉄

・鉄頭部から鉄尾部に向かって次第に薄くしたもので、起き過ぎた蹄の矯正に使う。追突の激しい前肢に使われる。

はんまる(がん?)ていてつ

反丸蹄鉄

蹄鉄下面全体を丸くしたもの。自然な反回となる。

はんげつじょうていてつ

半月状蹄鉄

蹄鉄の1/3~1/2を切り取ったもので蹄踵狭窄挙踵裂蹄の場合に用いられる。蹄尖部の保護や薄尾蹄鉄と同様の目的でも使われる。

ぶろっくじょうていてつ

ブロック状蹄鉄

・鉄尾下面側に折り曲げ、高くしたもの。後蹄の蹄角度が低すぎる場合に使用される。

れんびていてつ

連尾蹄鉄

・鉄尾が繋がっている形状の蹄鉄で、蹄の負重面を広くし、蹄踵や蹄側からの圧力を和らげて蹄機能を増進させる。

* equestrianグループキーワード:特殊蹄鉄一覧