常歩

常歩

歩法:なみあし

以上が必ず接地している歩法で三歩様のうち一番ゆっくりとしたもの。

四節の動きでの着地順は右後肢→右前肢→左後肢→左前肢と続いていく。

通常の速度常歩では、二が着地している瞬間(位相)と、三が着地している瞬間が存在する。

速度の遅い常歩では四すべてが着地する瞬間があらわれ、速度が速くなると一のみしか着地しない瞬間がでてくる。

のみが着地する瞬間のある常歩を、特にアンブルと呼ぶ場合もある。

* はてなダイアリーキーワード:常歩

* equestrianグループキーワード:常歩