屈曲騎座姿勢

屈曲騎座姿勢

bending seat

馬体を屈曲させる/させているときの騎手の騎座姿勢のこと。

特徴

基本的な姿勢は騎座後肢に、騎手の肩は馬の肩に平行になるようあわせる。(二本の平行線の原則)

そのため、屈曲騎座姿勢では以下のようになる。

内方坐骨への荷重を間しながらやや前に出す。

これにより、内方脚が腹帯(推進脚の位置)外方が腹帯の一つ分後ろ(支持脚の位置)に置かれる。

外方の肩をやや前に出す。(程度は二本の平行線の原則に従うよう留意すること)

騎手の頭は、馬の頭が向いている方向と同じ方を向く。

(これは二蹄跡運動/横運動中、つまり馬の向いている方向と進行方向が異なる場合でも同様である。そのような場合には、視線・あるいは周辺視野によって進行方向を確認する。)

* equestrianグループキーワード:屈曲騎座姿勢