収縮

収縮

歩度

収縮歩度

馬場馬術において、最も歩度の詰まった状態(但し、課目によって要求レベルは異なる)

後肢がしっかり挙上している状態で、前肢の跡より後ろに後肢が着地する

調教訓練段階

馬術調教の第七段階に当たる。

定義についてはコレクションを参照のこと

トレーニングツリーの要素<エレメント>

10番目のエレメント

馬が一層重心の下に向かって踏み出して馬体が詰まった状態を意味する。後躯がより多くの体重を負担し、前駆への負重が軽減されて鬣甲と頸のところが起揚する。(ドレッサージュの基礎

馬術における目標

重心下にを集めることによって、運動効率を高め、自由に移行しやすい状態にすることである。

* equestrianグループキーワード:収縮