トレーニングスケール

トレーニングスケール

内容

スザンヌ・フォン・ディッツェ女史による考え方。

ライダーも馬も以下の1~4の段階が基礎となる。

* equestrianグループキーワード:トレーニングスケール